東京都江東区は門前仲町にある、門仲トキワ荘。
ガラス作家3人によってできた共同アトリエです。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 個展のこと 2 | main | 個展のこと4 >>
個展のこと3
1401765972481.jpg
野鳥を飼っていた(思いっきり違法です!)父の、少なからず影響あるのでしょう、鳥の名前や鳴き声などがややわかります。やや。

日本人は鳥の鳴き声を、意味のある日本語に置き換えて覚えていました。
聞做(ききなし)というそうです。
鶯の「ホーホケキョ(法華経)」はもはや、そうとしか聞こえません。しかし外国人にはもちろんこうは聞こえない。

夏になると、サンコウチョウが日本でもみられるようです。
この間大阪城のそばの森にもいるとききました。房総などにも生息しているようです。

この鳥の雄は滑らかな黒い体で目の回りが美しい空色。尾が長く、雌の前でダンスする。
鳴き声が
「ツキヒーホシ(月日星)ホイホイホイ」ときこえるので、三光鳥。
父はこの野鳥も小さな籠で飼っておりました。

わたしは、個展の8月コレクションに捕獲しました。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://monnaka2.jugem.jp/trackback/153
TRACKBACK