東京都江東区は門前仲町にある、門仲トキワ荘。
ガラス作家3人によってできた共同アトリエです。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< @150円の防塵マスク | main | panorama企画展 >>
毛ブラシと両軸
121106_1227~01.JPG
毛ブラシの減りが早いことが謎、の門仲トキワ荘でした。

どうやら原因は
両軸の回転が遅いから、毛が折れ曲がり、切れるからではないかと。

やだ、知らなかったー!
もっと早く言って下さいよ、クロシマさぁん。

これまた貰っておいて失礼ながら、オンボロ両軸につけて回していたのですが、
毛ブラシなので遅くても気にしていなかったのですが、
毛ブラシだからこそのスピードがあったようです。

しかし、両軸は回転を上げ下げするボリュームなんかついていなくて、
プーリーのゴムバンドをかけ替えて、速度とトルクの調節をするのでした。


シャフトが前下がりで、モーターとの位置関係がずれているのは
、なにしろ台が年代物の木製だからかなー。

一方、半年で私とよっちゃんに五分刈りにされた毛ブラシくんですが、
パキンの毛は植毛できるんですねぇ。

35ミリの長さで植えてもらえます。

ただし植えるのに20日くらい時間がかかるそうで、
スペアを持っていない我が工房では、
もう年内ハゲで我慢しなくてはか!と思っていましたら、
輝さんちのスペアをお借りできることに。

いやあ、助かった〜!

で、輝さんちの毛ブラシは径が大きいんですね、だとすると、回転は小さいものよりゆっくりにということなんですね。
「これ新品で毛が長過ぎるから、折れてもいいんだけどさ。研磨剤が飛び散るからね。工房がパミスまみれになるよ。」
………ロン毛の毛ブラシくんの逆襲!


道具は用途、場所、使う人の技術に合わせて、調整しましょう。



スポンサーサイト
わ、スポーツ刈りからロン毛に!野球少年がグレた感じ。
かずみ | 2012/11/06 21:47
かずみちゃんナイスコメント!
相当ぐれちゃったね。

輝さんありがたくお借りします(^-^)/
yoshiko | 2012/11/07 11:35
COMMENT









Trackback URL
http://monnaka2.jugem.jp/trackback/75
TRACKBACK