東京都江東区は門前仲町にある、門仲トキワ荘。
ガラス作家3人によってできた共同アトリエです。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「bottle」展 ハガキできました。
bottle01_photo.jpg
blog上でどう見えるか分からないけど、転送!ばかでかい?

あい
「bottle」展 7
1427334647062.jpg
アネモネは大好きな花。
3月に出回るので、毎年春先の絵によく登場する。
アネモネの花弁、花芯、雄蕊、葉、茎、どれも愛くるしい。そして秘密めいている。

あい
「bottle」展 6
1427334375470.jpg
秘密
覚醒
寛容

そんなことを考えながらえがいています。
写真のbottleは「目撃者」というタイトルの予定。
金魚と小鳥と蝶とアネモネに目撃されていた午後。

あい
「bottle」展 5
1427334163938.jpg
ビンは、口がすぼまっている。
それもひとつの定義にすぎないが、それを受け入れよう。
ビンのほうも、わたしを受け入れてくれているし。

しかしすぼまっている形は、光を取り込みづらく、つまり絵が見えにくい。
また、コップのように、ひらいていると向こうの絵も内側から見えるのだが、ビンはそれがない。
かなり閉鎖的。ますます秘密めいてくる。絵がきもちが、それにひっばられていく。

あい
「bottle」展 4
1427333850198.jpg
ビンに栓はつきもの?
いやむしろそれは先入観?
でも「おはなし」は閉じ込めよう。なぜなら、秘密だから。

あい
「bottle」展 3
1427333638552.jpg
何を閉じこめよう?
または、何を解き放そう?

いつもの赤頭巾も、様子が違ってきた。
オオカミを取り込んで、内在させたぞ!ヤるな、赤頭巾!

あい
「bottle」展 2
1427333429075.jpg
2015年4/22~27
銀座おかりやで二人展です。

ビンをつくって、あなたらしいのを!とオーナーに言われて、四苦八苦。
コップともボウルとも、存在の意味が全く違う気がするビン。
容れても容れなくても、個としての存在感があるビン。

ここのところ花鳥風月で描いてきましたが、
ビンならもっと絵画的に扱ってもいいかなと思います。

あい
ビンのこと 1
1425526214548.jpg
4/22から、銀座おかりやで二人展。準備本気モードにはいりました。
今回は、おかりやさんから、お題をいただいています。
ビンをつくれと。
壜、瓶、漢字だけでもいろいろあるようで、ビンってなんだ?と考える日々。

もう一方の陶の作家さんにも同様のお題で、
ビンビンな、展示になる予定です。

キゴシ金沢展。デザートカップ
1414742081594.jpg
11/12から金沢のギャラリートネリコさんで個展させていただきます。
金沢は、アイスクリームの個人消費量が日本一なんだそうです。理由はわかりませんが、この話にグッときてしまい、デザートカップをつくりたい!と思ってしまった。

何に使って貰っても構わないのですが、アイスクリームを食べるのって、金曜日のご褒美みたいなね、なんかそういうの愉しいなあと思います。
木越、金沢に行く。
1414468614254.jpg
金沢で初個展させていただきます。
金沢はわたしの亡父の故郷。一度展覧会をしてみたかったのですが、トネリコさんがわたしを見つけて下さいました。
オーナーとじっくりやりとりさせていただきました。いい展示ができるとよいです。

木越あい ガラス展
2014.11/12(水)~24(月)
11:00~18:30
最終日は17:30まで。
11/12.13作家在廊予定

ギャラリートネリコ
金沢市池田町3-30
076-231-2678
火曜定休